satoko (1).jpg

代表行政書士 佐藤 洸一

 ・東京大学法学部法学士

 ・行政書士(登録番号:22080717)

​ ・東京都行政書士会所属

​ ・TOEFL ibt SCORE92

 ・事務所所在地(来所時要予約)

  〒198-0042

  東京都青梅市東青梅4丁目11‐8 ユートピア河辺403

​ーご挨拶ー

 

当事務所のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

当行政書士事務所代表の佐藤と申します。

​メル行政書士事務所(MEL)は、2022年4月開業の契約法務に専門特化した行政書士事務所です。お客様が安心してお取引を実行していただける契約書をご提供することを通し、お客様のビジネスを支えていくことを目的として、開業以来、多数のご依頼をいただいて参りました。

 

業務委託契約や秘密保持契約のような一般的な契約書から、ライセンス契約や英文契約書まで契約書のドラフティングについて、分野・規制法・業種を問わずご対応いたします。

​東京大学在学中に法学の基礎と理論を学び、事業会社における総務業務・法務業務を通し、実践の場における契約実務の力学を習得して参りました。判例学説の知識と実務のノウハウを生かし、割賦販売法、労働者派遣法、特許法その他の法令が関与する業態における契約書につきましても、それらの法令情報を踏まえてのご対応が可能です。

契約書は、第一に当事者の権利義務を明らかにするものであり、第二にその役割分担を定めて共通フレームを構築し、第三には、契約の成立そのものを当事者と第三者に証明するものです。このいずれが不完全であっても、事後の紛争を予防し、契約の実を挙げることを確実にすることは覚束ないものとなります。そのため専門家による早期の関与が必要です。

例えるのならば、契約書は、お客様のビジネスにとっての航路図のようなものです。そこには、目的地までの航路が明確に書き入れられているとともに、行く先々での危険な暗礁や氷山を避けることができるよう、そのひとつひとつの位置が示されていなければなりません。

 

当事務所では、このような万全を期した契約書の完成のため、法の専門家として依頼者の皆さまに真摯に向き合います。誠心誠意ご対応致しますので、まずはお気軽にご相談ください。
 

​相談無料・全国対応