top of page

​費用・報酬一覧

​在留資格申請(新規):  100,000円

​在留資格申請(更新):  50,000円

在留資格申請(変更):  90,000円

永住許可申請:      150,000円

帰化申請:        200,000円

​その他再交付申請等:   10,000円から

契約書の作成代行:     50,000円

英文契約書の作成代行:   55,000円

利用規約の作成:      70,000円

個人情報保護指針の作成:  30,000円

原始定款の作成:      50,000円

契約書のレビュー:   30,000円

英文契約書のレビュー: 35,000円

利用規約のレビュー:  35,000円

英文契約書の和訳:     30,000円

日本語の契約書の英訳:   30,000円

上記以外にもご相談ございましたら、行政書士の業務対応外の場合におきましても、弁護士等、他士業と連携し、可能な限りご対応させていただきます。

質問
​よくあるご質問

Q. 対応できない業務はありますか?

士業の業務の場合など、もし当事務所でご対応できない案件がございました場合、弁護士等をご紹介させていただくことが可能です。具体的には、弁護士法72条により、当事者の間ですでに紛争となっている案件について、行政書士その他の者が和解やあっせん、仲裁をすることはできません。ただし当事者間にすでに和解の合意が成立している場合には、その和解契約書を作成することは可能です。

Q. 行政書士に依頼するメリットはありますか?

 

約書・定型約款その他「権利義務の証明」に関する書面の作成代行・代理行為は、行政書士法第1条の2第1項、同法第1条の3第3号第4号により、行政書士の標榜業務として規定されておりますので、国家資格者による作成という点でメリットがあります。そのため守秘義務や法令遵守の点でご安心いただきます。

Q. 即日〜翌日納品は可能ですか?

務状況によっては、即日〜翌日対応が可能な場合もございます。ご希望される場合には、その旨をご依頼時にご記載下さい。やむを得ず翌々日対応となる場合もございますので、ご承知おき下さい。通常の場合、ドラフトの納品まで1週間程度をいただいております。

Q. 著作権や特許権に関わる契約書も対応できますか?

作権や特許権、意匠権など知的財産権に関する契約書も作成が可能です。また著作者不明の場合の文化庁への裁定申請、著作権登録の申請、および特許権その他の権利の移転登録などを行うことができます。このようなライセンス契約として、たとえばキャラクターを商品化する権利に関する商品化権許諾契約書などがあります。

Q. word以外の形式での納品も可能ですか?

google document・text・open office等のドキュメント形式またはウェブサイトで掲示する場合のhtml等のマークアップ形式など、word/PDF・紙以外の形式・媒体での納品をご希望の場合には、その旨をお申し付けください。技術的・費用的に可能な範囲内にてご対応をさせていただきます。

bottom of page